スマホは個人でも修理できる?

1位パネルの破損、2位は水没

バッテリーの寿命は?

スマホ本体の寿命は4~5年ですが、バッテリーに寿命は1~2年と言われています。
バッテリーの寿命が近づくと様々な症状が現れます。
但し、寿命時期でもないのに、下記のような症状がおこる場合があります。
充電しても貯まりにくくなる。
勝手にシャットダウンされてしまう。
再起動が何度も起こる。
これらの症状が理由でバッテリーの寿命だと勘違いして、交換依頼すると10,000円ほどかかります。
上記症状が起こる原因は、スマホに負荷をかけすぎていることです。
使ったアプリを完全に停止しないまま、画面を切り替えたり、設定ミスや使わなくなったアプリを多数保存していたりすると、スマホ自身が自分を保護するために、上記の症状で悲鳴を上げています。

バッテリーの寿命のその後

使い始めて1~2年経つとバッテリーの寿命を意識してください。
使用頻度の高い方はさらに、短いかもしれません。
業者に交換依頼すると10,000円ほど取られてしまします。
バッテリー交換ぐらいはご自分で行いましょう。
スマホに無駄な負荷をかけなければ寿命は前述の通りです。
1年未満でバッテリーを好感しなければならない場合は、ご自身の使用方法を見直す必要があります。
スマホに相当負荷をかけている場合があります。
バッテリーが寿命であるにもかかわらず、交換しないでいると、本体の不具合のも関わってきます。
バッテリーは3,000円程度で手に入ります。
交換も、液晶画面の交換や、水没補修に」比べれば圧倒的に簡単です。
これこそ、ご自身で交換しましょう。


この記事をシェアする